2010年09月07日

大変ご無沙汰しております

皆様、お久しぶりです。
2006年9月21日から失礼しております。

実は、なかなか手が回らなくなり「講師たちのブログ」として講師たちに引き継ぎました。

このたび、講師会議にて「オフィシャルブログ」始めてはとの意見があり、まずは「社長ブログ」の過去ログを載せようということになりました。

4年前の思い・考えは変わっていませんので(進歩が無いようですが、知識・技術は進歩しているつもりですが・・・)まだご覧になっていない方は、ご一読くださいね。

多分、当社の新人講師も見たことが無いと思います。

今後は、講師たちの仕事の様子・感想など、そして私も時々は登場するつもりです。

「講師たちのブログ」ともどもよろしくお願いします。
posted by machan at 16:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年09月21日

マナー講師養成講座

中野さん、コメントありがとうございます。さすがですね。
私も、お客様の言いなりになるのでは無く、理念・主旨をご理解頂いてお客様と共に目的を達する「お客様第一」を考え、「ならぬものは、ならぬ」を貫く断固たる姿勢で頑張ります。
『教育とは、共に希望を語ること』素晴らしい言葉をありがとうございます。
さて、北海道から帰り、忙しさを楽しんでいます。
今日、「マナー講師養成講座」説明会の最後の教室が終わりました。
岡山から始まり、神戸・大阪、そして今日の西宮教室と4箇所です。
お陰様で、全教室が開講できそうです。西宮は、ひょっとして昨年に続き、定員オーバーで2クラスになるかも知れません。
やはり、マナーを目指す素晴らしい方々が、来てくださいました。
「マナー講師養成講座」は、半年間で週2回46講座あり、私は、第1講と実技チェック4回・教育技能と一つの教室に7回担当します。
それが5箇所ですから、35講座担当しなければなりません。またまた、チョーハードになり、嬉しい悲鳴です。
私の夢は、全国に関西作法会のマナーを広め、世の中を良くしたい、特に幼稚園から大学生まで、国語や数学の科目と同じように通年の授業にマナーの授業があればと思っています。
そうすれば、きっと学生が社会に出ても「学生の常識は社会の非常識」と言われず、楽しく社会に馴染んでいける、そして学生のいじめ・暴力、若者のフリーター・ニートなどなくなると信じています。
私ごときが大それた夢だと分かっていますが、私のできる範囲、身近なところからやっていきます。
その第1歩、昨年までは大阪・西宮の2箇所の講師養成講座が、今年は岡山と神戸に開講できそうです。
今、四国、徳島の生徒が来年には講師になります。このように、当会で学んでくれた者の力を借りて、少しずつ全国に広めていきたいと思っています。
ブログのお友達も応援してくださいね。
posted by machan at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年09月10日

旭山動物園

札幌の2日間研修を無事終え、しっかり楽しんできました。
研修2日目を終わってから大通り公園でイベントをしていたので、「未来」というとうもろこし(生で食べられてとても甘い)や、えぞ鹿の加工肉を買ったり、ビールを飲んだり楽しみました。
翌日、待望の旭山動物園です。前もってネットで調べると、午前中は混むとのことだったので、旭川の平和通買物公園をぶらぶらして、昼ごろに行きました。お陰で少し並ぶ程度で、ほとんど見ることができました。
もぐもぐタイムも調べていきました。
動物が食事をしているのが見られるだけでなく、色々と説明してくださるのです。
動物について、いっぱい勉強できましたよ。
何より良かったのは、動物を間近に見られることです。特に、白くまが泳ぐ姿は、ガラス越しですが迫力満点。動物好きの私は、大満足でした。
EXTENDED BODY:
posted by machan at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年09月07日

福祉職員のマナー研修

今、札幌です。今日、明日と2日間研修で1日目無事終わりました。
特別養護老人ホーム・障害者施設・保育園・その他福祉関係の職員の方々が対象です。
このようなお仕事をなさっている方は素晴らしいですね。利用者の方々を心から親身になってお世話するのですもの。いわゆる心のマナーを十分お持ちなのです。
今日の皆さんもサービス精神旺盛で、相手が喜んでくれることが自分の幸せと感じる素晴らしい方々ばかりでした。
それなのになぜ今日のようなマナー研修を受けなければいけないのかと思いませんか。
いつも申し上げているように、マナーは心が一番大切ですが、その心を形(表情・言葉・態度)で表現できなければ無になるのです。
勿論、それなりに表現なさっているのですが、自己流ではなく、より一層、周りの人々に認められるよう私どもがお手伝いさせていただくのです。
明日も、そのような皆さんにお役に立てるよう頑張ります。
明後日は、私自身へのごほうび、旭山動物園で楽しんできま〜す。
posted by machan at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年09月05日

プラスのストローク プラスのストローク プラスのストローク

昨日、某スーパーマーケットに買い物に行きました。突然、店内中に響くような声で「誰かいないの!!レジに誰もいないじゃないの」
アレ、お店の方かな?それにしては大きな声で、と思っていましたら続いて「日曜日の朝からレジに誰もいないなんてどう言うことよ!!」
振り返ると、黒い服を着た中年女性でした。あわててお店の人がレジに走ってきました。それから会計が終わるまで「お葬式で急いでいるのに・・・・・」きつい口調で文句をおっしゃっていました。
皆さんはこの光景をどのように思いますか?
中年女性のおっしゃることは正論です。間違っていないと思います。でも、ものは言いようって言いますでしょ。
きつい口調でマイナスのストロークを投げかけると、マイナスの二乗になってかえってきます。
店内の、他のお客様もあまりいい気はしませんし、店員さんも申し訳ないと思っていても心からのお詫びはできず、うわべだけの「すいません」になっていました。
確かに、時間の余裕がなかったのだと思いますが、どのような場合でも心の余裕をもってプラスのストロークを投げかけたいものですね。
プラスのストロークは、相手を思いやり、相手が喜ぶ言葉です。当然、プラスの二乗になって帰ってくるので、自分がもっと嬉しくなるのです。
そうすると毎日幸せになれますよ。
EXTENDED BODY:
posted by machan at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年09月01日

教職員研修

先日、教職について20年以上の先生方のマナー研修を担当しました。小学校・中学校・高校の先生方200名です。
今日、その感想記録が届きました。
・「学校は社会の非常識」などはっきり指摘を受け、その理由もよく分かった。
・「マナーは心の表現」ということがよく理解できた。
・「行動に言葉を 言葉に行動」無意識だったことを意識するだけでも何かが変わっていくことが分かった。
・実際におじぎの練習をしたことがとても良かった。
・自分では世間一般のマナーは知っているし、実践していると思っていたが、話を 聞くと社会の厳しさがよく分かった。
・今日からでも実践できることばかりを教えていただき有難かった。
・社会人として、人間としてマナーを教えていただいて今までどれだけ出来ていなかったか思い知った気がする。
・今までこのようなことを教えてもらえず残念だ。もっと新人教員の時に教えてもらいたかった。
・教師である前に一人の大人、社会人であることの大切さが分かった。
・楽しかった。もっと時間をとってほしい。
まだまだ、い〜っぱい嬉しい感想をいただきました。このように先生方は謙虚に前向きな意見述べてくださる、さすが子供教育に全力投球なさっている立派な方々だなあと尊敬です。
私ごときが偉そううにお話させていただくのは、本当に申し訳なく思っています。
そうそう、私にとって何よりも嬉しいご意見が一つありました。
「田野先生はすごいなあと思った。講演に熱が入ってくると、大阪のおばちゃんになっていかれたのがステキでした」
これが私のキャラクターです。
posted by machan at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年08月31日

一生に1回の人生

以前、ある雑誌社から取材を受けた校正が今日FAXで来ました。
さすがプロですね。私がお話したことを分かりやすく楽しくまとめてくださいました。それをブログに載せたいのですが、まだ出版されていないのでまずいですよね。出版されてから紹介しますね。
私はしゃべる商売ですので書くことは苦手で、皆さんもお解りでしょ。だってこのブログも書き言葉でなく話し言葉でしょ。書ける方はすばらしいですね。尊敬しています。
さて、相変わらず毎日楽しくやっています。25周年の準備・来週は北海道(福祉関係の研修2日間)・講師養成講座の開講準備・大学の秘書検定対策講座の開講・その他もろもろ・・・
正直、何から手をつけて良いやら状態です。このようなことがよくあるのですが、その時は、文字にすることにしています。
しなくてはならないこと・やりたいことを全部書き出すのです。いつまでにしなくてはならないか日付けも入れます。
それがクリアできたら2本線で消していきます。ところがいつも残っていくのがあるのですよね。
絶対しなくてはいけないことではないけどやったほうが良いことで苦手なこと。
例えば私の場合、経営計画など。でも、絶えず意識しているので数字で表現しなくてもそれなりにやってると思うのですが???
やっぱり、現場人間なのです。経営よりも現場の皆さんと接して喜んでいただけるのが何よりも楽しくやりがいを感じています。
小さいなりもにオーナーとして失格かも知れませんが、一生に1回の人生、自由にやらせていただきます。
皆さんも、自分にとって何が大切か、一生に1回の人生を楽しんでくださいね。
EXTENDED BODY:
posted by machan at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年08月09日

鬼が笑う来年の話

そろそろお盆休みですね。サービス業さんは、関係なく大変ですね。
当社は、14日〜18日(実質12日〜20日)休ませていただきます。
私は早々と今日、お寺さんに盆供養をしていただき、お墓参りもしてきましたので、さっそく盆休みの予定を組んでいます。
日頃なかなか会えない教え子2組と約束、はも会席の食事会、懐石料理の食事つき勉強会、上高地へ1泊2日の旅行、岩盤浴の開店ご招待もいただきましたので行きたいと思っています。
来年3月11日の創立25周年式典の準備もしなくては、相変わらず時間を大切に充実していますでしょ。1週間の休みも足らないぐらいです。
創立記念式典は、2周年・5周年・8周年・10周年・15周年・20周年と来年25周年と7回目になります。
毎回、来賓をお招きしたり、卒業生に案内するのですが、前回の20周年では200名規模のパーティーになりました。25周年は、250〜300名なりそうです。
当日はお忙しい中、貴重なお休みを当社のためにさいてくださる方々に大変申し訳なく思っています。ですから、何かお役に立てたらと思い、毎回式典だけでなくマナーなどを披露しています。
2周年は「立食パーティーのマナー」5周年は「ビジネスマナー」8周年は「健康ヨガの実演」10周年は「お見合いと結納のマナー」15周年は「色々な場面でのあいさつ言葉」20周年は「ITとマナー」そして25周年は「今どきの言葉遣い」に決まりました。
今年3月から少しずつ準備に入っています。コントやクイズで楽しんでいただきたいと思っています。
来年の話をすると鬼が笑うといいますが、ブログを見てくださっている方もぜひお越しくださいね。ノボテル甲子園で開催します。また、ホームページで案内しますので。ただし、申し訳ありませんが食事がつきますので会費1万円必要です。
本音は、無料でどなたでもお越しいただきたいのですが・・・・
posted by machan at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年07月31日

中国へ進出?

今日、顧問をしている上海の会社からメールが来ました。
「2008年のオリンピックと2010年上海博覧会の開催が近づくにつれて、北京や上海では、マナー教育や企業向けのマナー研修もブームになりつつあります。それに対して、マナー教育機関や企業向けの研修機関が不足するにもかかわらず、それなりの競争も日増しに激しくなっています」
ということで、結論は私に応援をしてほしいとのことでした。
日本のマナー教育の企業も2〜3社中国に参入しているそうです。
その顧問先は、日系企業対象に中国人に日本のマナー教育をする会社を立ち上げて1年半になる会社です。社長は、施 潔民さんという女性ですが、努力家で、すでに大手・中小の日本企業を担当し、好評を得ていますが、この競争を勝ち抜いてもっと強い会社になりたいと言ってきたのです。
3年ほど前に施先生が日本いらっしゃった時に少しマナー指導しただけですが、施先生の人間性に惚れ顧問になりました。
ですから、私に出来ることは何でもしたいと思っていますが、自社の後任者が育っていませんので、中国に出向く時間がどこまで取れるかこれからの課題です。
それに中国語は全然ダメですしね。えらそうにお手伝いなんて出来るのかしら。
posted by machan at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年07月28日

1日一生

また、1週間ブログをサボりました。ごめんなさい。
今回は、忙しくてではなく暇でしたのでブログのネタがなかったのです。
例年、7月後半から8月はゆっくり出来ます。
でも、しっかり暇なときにしか出来ないことなど予定を入れます。
過ぎ去った時間は2度と戻らないと、いつも思っていますので時間を大切に使うことを日々努力しています。
どなたか忘れましたが、「1日一生」とおっしゃっていましたが、今日の1日が明日を作り、明日は将来を作り、結局は一生につながるのです。
ですから、今を無駄に過ごさない、楽しい時間にすること。とは言っても嫌なこと、辛いこと、悲しいことなど色々ありますよね。
そこで以前にもお話しましたようにプラス思考です。人間が生きていくうえで色々なことがあるのが当たり前、辛い・悲しい・嫌だと思うのは他人ではなく自分が思い込んでいるのです。考え方次第でどのようにもなりますよ。
母が1年半前に亡くなったとき、もちろん私も悲しかったですよ。でも、いつかはこの日が来るのだから、自然なことなのだ。いつまでも私が悲しんでいては母が、悲しむだろう。私が楽しく幸せに生きていったほうが喜ぶだろうと考えました。
このように前向きにプラス思考で、毎日を楽しんでいます。
皆さんも、時間を大切に楽しい充実した日々を送ってくださいね。
posted by machan at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年07月20日

ゴルフのお誘い

ある雑誌社から質問がありました。「再三、取引先からゴルフの誘いを受けるのですが、もともとゴルフ自体に興味はありませんし、そのために道具をそろえるのも大変です。相手の顔をたてつつ、うまく断る口実はないものでしょうか」
皆さんならどのような答えを出しますか。
まず、ご質問なさっている方が「相手の顔をたてつつ、うまく断る口実」と相手を気遣い、マナーの心がある方ですね。
答えは、
@誠意をもって対応
自分は興味がないからといってむげに断るのではなく、相手がゴルフ好きであることを意識した丁寧な言い方をすること。
A恐縮の意を表す表現
「ご期待に添えず申し訳ありません」「せっかくのお誘いなのに残念です」
Bはっきりと理由を言う
ゴルフは苦手で、道具もないことをはっきり言う。
C代案を出す
誘った相手が嫌いなわけではないことをはっきり示すためにも、例えば、山歩きは好きなのぜひ誘ってくださいなど。
いかがでしょうか。前述にもありますように質問者は、マナーの心がある方ですのできっとうまくいきますよ。
意外とあっさりと気持ちよく分かってくださるかも。 
EXTENDED BODY:
posted by machan at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年07月14日

貧乏性

今日は出かける仕事がなかったので、午前中は半年振りに美容院の予約を入れました。
そうなんです。私は年に2回しか美容院に行かないのです。経済的な髪でしょ。
それなのにいつもご親切にしていただくので申し訳なく思っています。
午後は事務所でのんびりしようと思っていたのですが、毎年ご依頼いただいている北海道の福祉関係の研修のお見積もり、カリキュラムの作成依頼や大学のテスト問題作成など、やっぱりのんびりは出来ませんでした。
でも、明日から連休で少しはゆっくりします。
少しはというのは毎月両親のお墓に月参りしていますので明日行きます。
明後日は、サービス接遇検定の審査員の仕事です。
月曜の祭日はオフですが事務所で雑務整理の予定です。
実は、先月までの多忙中の書類が机の上で今にも崩れそうになっているのです。
とにかく休みの日も全部予定を入れてしまいます。貧乏性なのでしょうかね。
posted by machan at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年07月13日

弁護士事務所の研修

皆さん、ブログを見ていただいてありがとうございます。
倉本さんのブログもチョコチョコ拝見しています。お忙しいのに楽しい本など読んでいるのですね。
私は時折読みたいと思った本を購入するのですが、積読がいっぱいたまっています(悲しいかな仕事に関するものばかりです)
さて、今日は初めて法律事務所様からのご依頼で打ち合わせに行きました。皆様立派な方々で私ごときがマナー研修するなど恐れ多いことだと思っています。
お話を伺うと、今までは年間300名ほどが弁護士になっているそうですが、ロースクール制度になり、今後3000名になるそうです。来年度は1700〜1800ぐらいだそうです。
私なんかは法律などチンプンカンプンなので、偉い方がいっぱいいらっしゃるのだなあって感心しています。
そんな訳で依頼者に選んでもらえる法律事務所にならなければいけない。それだけでなく、さむらい業も社会常識を身につけなくてはいけない時代だとのことでのご依頼でした。
現在、当社のお客様は以前のサービス業様から教職員・病院・福祉関係と変わってきました。
それぞれ専門のすばらしい知識や才能をお持ちなのにプラスお客様に好感を持たれるように気配りをしなくてはならない時代になったのですね。今回の法律事務所様も同じです。
まずは事務職員さんの研修をして、その後弁護士さんも含め全体研修にとなりました。
始めにも書きましたように、そのような立派な方々を研修するのは大変恐縮ですが、私でお役に立てるのなら頑張りたいと思っています。
posted by machan at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年07月08日

お中元

お中元の季節になりましたね。
私は、先日ご挨拶まわりをしてきました。
ご自宅には訪問するとかえってご迷惑になるので発送するのですが、会社や学校はできるだけ訪問します。
お中元やお歳暮を悪習慣として廃止しようという考えもありますが、私は日頃お世話になっている方に、お礼のチャンスだと思っていますので年2回欠かさず行っています。
お中元は、お盆までに贈ります。関東は7月15日まで、関西は8月15日まで。なぜなら元来、先祖供養や両親への贈り物だったのです。
お釈迦様の弟子に目蓮という人がいました。その目連の母親が、餓鬼道(地獄)で苦しんでいるのを知ってお釈迦様に助けを求めました。するとお釈迦様は、沢山の食物を供えて供養してくださり、母親は救われたそうです。
それが中国に渡り、日本に入ってきたとされています。
中元の語源は、中国の上元・中元・下元という季節の中で、農閑期である中元に先祖供養をしたところからきています。
現代では、父の日・母の日・敬老の日があるので、年に1度くらいは真心のメッセージであるプレゼントをなさっていると思いますが、亡くなった両親・ご先祖にも感謝の心を向ける1日があるといいですね。
EXTENDED BODY:
posted by machan at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年07月03日

優しい厳しさ

7月1日(土)は、大学生のインターンシップのためのマナー研修でした。
最近では、企業がマナー研修を受けてから来てくださいとの要望が多く、中には研修後にテストを実施して、その結果を報告しなければならないところもあります。
学生さん、大変ですが頑張ってね。私は皆さんの強い味方ですよ。
その様な感じで今回もアドバイスしました。90分2コマ(3時間)だけでしたが、皆さんとても熱心に聴いてくださいました。
まず、しょっぱなに「学生の常識は社会の非常識ですよ」厳しく言います。
でもそれを責めるのではなく、なぜそうなっているのか学生の立場で説明し、どうすれば社会人の常識が身につくかを説得します。
本当の優しさは、厳しさも必要ですものね。
私のモットーは、全体に厳しく言っても個人攻撃はしないことです。お客様ですものね。
これからも若者の役に立てるよう優しい厳しさを持って頑張りま〜す。
posted by machan at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年06月30日

背広のポケット 背広のポケット

今日は久々に出掛ける仕事がなかったので、夏のご挨拶まわりの準備をしていました。
さて、先日お電話でご質問をいただきました。
「男性のスーツのポケットに入れるものの場所は決まっているのですか?」と言うことでした。
皆さんはどのようにお考えですか?
答えは決まっておりません。と言うより本来ポケットには何も入れないものなのです。
以前、知人がイギリスに行ったときに、有名な仕立て屋さんにオーダーしました。細身でとても素敵なスーツが出来上がり、大変気に入り喜んでいました。
ところが日本に戻って楽しみに着用したところが、何か不恰好なのですね。不思議に思って、イギリスで試着した時のことを思い出してみて、ポケットには何も入れなかったのに気付いたと言っていました。
でも、ポケットに何も入れれないのでは不便ですよね。
日本では、名刺は左胸の内ポケット。これは相手に差し上げる人格を持ったネームカードなので、ズボンのお尻のポケットなどには入れません。
過去に、お尻のポケットから名刺を出されたのをいただいたことがありましたが、その方の体温を感じるような気がしてあまり気分が良くなかったことがあります。
そして、左胸の内ポケットにはもう一つ深いポケットがありますので財布を入れるといいですね。
あとハンカチとちり紙は必需品ですので、ズボンのお尻のポケットに入れられたらいかがでしょうか。
上着の左右のポケットには何も入れません。よく小銭をバラで入れられたり、キーホルダーを入れているのをお見受けしますが、ポケットが傷んだり、しょっちゅう手を入れるので手垢で汚れてしまいます。ペラルも中途半端に引っかかっているのもよく見ます。
いかがでしょうか。参考になりましたでしょうか。
私はそれよりもズボンの折り目が気になります。折り目がなく膝が出たようなズボンをはいていると中身までだらしない人と判断されてしまいますのでお気をつけくださいね。
posted by machan at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年06月29日

就職指導

新規でお取引いただいた大学の就職指導3回講座が終わりました。
1回目は、ガイダンス(どのような人材が望まれるか・自己分析・企業研究)と履歴書の書き方。
2回目は、あいさつ・言葉遣い・質問の答え方・自己紹介など。
3回目は、模擬面接でしたが、やはり最近の学生は自己表現が苦手で消極的傾向にあります。
これは以前にも申し上げたかも知れませんが、彼ら達の責任ではなく、テレビやテレビゲーム・自動販売機など自己表現しなくても生活ができる。また、裕福で何もかも与えられる世の中が消極的な人間に育てたのです。
でも、そのままでは社会に出て困ります。まず第一関門が就職活動です。
今回も、背伸びしたりいい格好をするのではなく、本当の自分を表現しなさい。
面接・履歴書・エントリーシートは「私はこんな人間です。仕事を一生懸命しますよ」と言葉に、文字に表現し自己PRしなければ理解してもらえないでしょとガンガン言いました。
そして、実技訓練など当てられてやるのではなく、積極的に自分から手をあげて自分から出てきなさいとも言い続けました。
お陰さまで、3回目の模擬面接ではやっと積極的に出てくれました。但し、女子学生がほとんどでした。男子学生も頑張ってね。
最後に鈴木一郎選手の小学校6年の時の作文を披露し、目標をもって頑張れっ!とエールをおくり締めくくりました。
学生は拍手で讃えてくれました。バンザーイ!!またお役立ちができました。
EXTENDED BODY:
posted by machan at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年06月28日

顧客ニーズ 顧客ニーズ 顧客ニーズ 顧客ニーズ 顧客ニーズ 顧客ニーズ

1ヵ月間ブログさぼっていてごめんなさい。
秘書検定対策を4つの大学で担当していました。そのうちの2つは週2回の夕方からの授業で、事務所に帰るのが10時すぎ。それから雑務をしながら食事をとる毎日でした。そんな訳でお許しくださいね。
さて、その秘書講座は就職対策の一貫なのですが、最近「社会の常識を身に付けたい」「マナーを身に付けたい」と受講する学生が増えました。
私にとって大変嬉しいことなのですが、試験対策でギリギリの時間しかありません。
マナー接遇の時間は4〜6時間です。それもペーパー対策ですので机上の知識のみです。
できるだけ始業・終了のあいさつ言葉、おじき、授業中の態度、質問に来るときの態度・言葉遣いなど訓練させているのですが、受付応対やお茶出しなどロールプレイングで身につく授業にしたいと強く思います。
今は、どの企業も顧客ニーズに応えられなければ消滅していく時代です。大学様も学生のニーズに応え、マナーの時間をもっとくださ〜い。お願いします。
posted by machan at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年05月23日

敬称

中野さんのご質問にお答えします。中野さんの「○○部長」は間違っていませよ。お名前の後に部長とつけるのは、敬称ですから失礼にはなりません。
ただ、相手様は直接会って話をしているならいいが、メール(手紙)で○○部長と言うのは失礼ではないかと思われたのではないでしょうか。
手紙は、日頃普通の言葉でしゃべっている人でも改まった言葉(書き言葉)になりますから。特に敬称に気遣います。
メールは話し言葉と書き言葉の中間とされます。私の場合、当社スタッフ・教え子などメール文章は手紙のように堅苦しくなく話し言葉にしても、宛名など「○○様」とします。
お客様なら、いくら日頃親しくしゃべっていても会社名をカッコ株など略さず、部署名など正確に書き、お名前のあと「様」にします。
ですから、文面の中でも「○○部長様(○○様) この度は」としたのがよかったのではないでしょうか。
特にご年配の方でしたら、メールでも手紙の感覚をお持ちかも知れません。
私どもでも時折、手紙文章そのままのメールをいただくことがあります。
メールは、頭語・結語など不要で気楽にといっても、マナーは相手様に合わすことが大切ですから、相手によって使い分けるといいですね。
posted by machan at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ

2006年05月19日

質問大歓迎

大学の秘書検定対策が始まったので、毎日朝早くから夜遅くまでビッシリです。体力的には大変ですが、楽しくやっています。
やっぱり、社長業より現場で皆さんのお役に立つことが何よりやりがいがありますね。
そして、お陰様で新規の社員研修・授業の打ち合わせ、資料作成にも忙しくしています。そんな訳でブログもご無沙汰してごめんなさい。
本当にありがたいことです。私どもを必要としてくださるところがあれば、喜んで伺います。
マナーは学ぶほどに幅が広く奥が深いと実感していますので、私をはじめ当社講師50名まだまだ未熟ですが、世の中のお役に立てることを幸せと思い、毎日勉学に励んでいます。
ですから些細なことでもマナーに関して日常の疑問などありましたらご連絡くださいね。
私は、日頃の研修・授業でも質問は大歓迎ですと申し上げています。
なぜなら、私が言い忘れたこと、言葉足らずだったことなどを言っていただけるので「質問は私を助けてくれ、励ましてくれる」と思っています。
でも、大勢の中で個人が質問するのは結構勇気が要りますよね。「それもマナーの勉強の一つ、自己表現ですよ」とも申し上げています。
いかがですか。皆さんは、思ったことが素直に言えていますか?
posted by machan at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ