2014年04月14日

特別養護老人ホーム内定者研修

平成26年3月27日(木)
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美
アシスタント講師:トータルマナー株式会社 講師 広沢美花 


今年度の新入職員の方々は、男性・女性と半々くらいでした。

研修中は静かにしっかり講義を受けられていましたが、

休憩時間になると、皆さん自然と輪になっては話しをされ、

仲の良さと学校を卒業されたばかりの初々しさを感じました。

ハピータウン@.png

新入職員研修ではなかなか質問は出ない中、

今回受講の皆様は積極的にご質問され、

一つでも多く吸収しようとする姿勢が見られたのが印象に残りました。

ハピータウンA.png

福祉職員としての今後のご活躍を、心より応援いたしております。

(広沢美花 記)


(受講者さんのコメントを一部抜粋しました)

◆ 笑顔と相手を敬う気持ちを持って、

声掛けが出来るようにスマイル・エクササイズ、

そして立場に応じた言葉遣いの練習をしたいと思います。
 
◆ マナーは形に表さなければ0点ではなく、

マイナスの印象を与えるということを学ばせていただきました。

◆ お名前を呼ぶことで確実に相手の存在を認め、

そしてプラスαの挨拶言葉を添えるということを今日から

実践したいと思います。
posted by machan at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事

2014年03月25日

CRKラジオ関西「寺谷一紀のまいど!まいど!」に生出演

日時 平成26年年3月22日 午前8時〜10時

CRKラジオ関西「寺谷一紀のまいど!まいど!」に

トータルマナー株式会社 関西作法会会長 田野 直美

がラジオ生出演いたしました。


「ラジオマナー講座」と題して

「新社会人が就職活動中に大変お世話になった先輩の家にお礼のご挨拶に伺う」

というシュチュエーションを寺谷さんと藤田さんがコミカルに演じられるなか、

ポイントとなるところをお伝えするという内容でした。


ちなみにポイントは。

・コートは玄関に入る前に外で脱ぐほうが良い。

・玄関では簡単な挨拶。

初対面なら自己紹介が必要だが、

面識があれば目的(この場合は「お礼に伺いました」)のみで構わない。

※正式な丁寧な挨拶は上がってから。

・手土産は玄関先では渡さない。

応接間に入って、正式な丁寧な挨拶が終わってから渡す。

※ただし、生ものや土の付いたものは玄関で渡します。

・玄関からあがる時は中央からあがっても良いが、

靴は迎えの方に背中を向けないようにななめに振り返って、

出る方向に変えて端に寄せて置く。

・手土産を渡すときには「つまらないもの」とは言わず

「お口に合いますかどうかわかりませんが」というほうが良い。


昔と今とでは微妙に変化しているマナーの奥深さを、

ほんの少しですがお伝えできたのではないでしょうか。


また、ワンコイン動画セミナーの宣伝もしていただきました。


「寺谷一紀のまいど!まいど!」出演者、スタッフの皆様、

ありがとうございました。

H26年3月22日ラジオ関西出演写真.jpg

紹介されましたワンコイン動画セミナーは現在以下のラインナップです。

•No. 1 - 挨拶のマナーレッスン

•No. 2 - お辞儀のマナーレッスン

•No. 3 - 名刺の扱い方レッスン(基礎編)

•No. 4 - 名刺の扱い方レッスン(応用編)

•No. 5 - 服装と身だしなみのマナーレッスン

•No. 6 - 会話・言葉づかいのマナーレッスン(基礎編)

•No. 7 - 会話・言葉づかいのマナーレッスン(応用編)

•No. 8 - 電話対応のマナーレッスン(基礎編)

•No. 9 - 電話対応のマナーレッスン(応用編)

•No. 10 - 受付のマナーレッスン(訪問編)

•No. 11 - 受付のマナーレッスン(応対編)

•No. 12 - 案内のマナーレッスン(PART1)

•No. 13 - 案内のマナーレッスン(PART2)

•No. 14 - 応接室でのルールレッスン

•No. 15 - 応接室でのマナーレッスン


詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.manner.co.jp/seminar.html
posted by machan at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事

2013年11月20日

接遇マナー研修

平成25年11月8日
飲食業(宅配チェーン)様 福岡会場
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美
アシスタント講師:トータルマナー株式会社 講師 島津ゆう子


11月8日、福岡県に、飲食業(宅配チェーン)様の接遇マナー研修で、会長のアシスタントとしてお供しました。

10月に奈良で行った研修を福岡でもとのご依頼で伺いました。

奈良の研修と同様に対象は、管理職・リーダーの方々です。

今回の研修では、応対ロールプレイングをビデオ撮影や電話応対訓練機で通話録音をし、受講者の方々に、日頃のご自身の姿を客観的に振り返っていただきました。


下記の感想をいただきました。

・「お客様の前にでる機会がかなり減っていたので、テイクアウト対応のシミュレーションでの自分の表情におどろきました。」

・「とにかく早口だった。お客様役がとても聞き取りづらそうでした。」

・「接客している様子が見られて新鮮な気持ちになったのと同時に自分のいつもの姿を目の当たりにして少しショックを受けました。」


このように客観的にご覧になったご自身の姿に、様々な思いを持たれたようでした。

11月8日.jpg

他に、現代社会において、あちらこちらで耳にする間違った言葉づかいをクイズ形式で紹介した弊社のワンコインマナー動画レッスンのDVD をご覧いただきました。

皆様、楽しみながら正解を導きだされていました。

ブログをご覧の方にも気になる方も多いはずです。

例えば・・・

  「〜でよろしかったでしょうか?」
 
  「〇〇の方」等、気を付けたいですね。


言葉は品格を表すと言います。

社員・スタッフの品格=会社の品格です。

間違った日本語を使わないように、美しい日本語、正しい日本語を意識したいですね。

(島津ゆう子 記)

posted by machan at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事