2013年09月23日

接遇講習会

2013年9月2日〜3日(札幌会場)
9月日5〜6日(帯広会場)
福利厚生センター(ソウェルクラブ)様
講師:トータル株式会社 代表取締役 田野直美
アシスタント講師:トータルマナー株式会社 講師 大古田幸子


平成25年度 福利厚生センター様の接遇講習会へ行って参りました。

9/2〜3は札幌会場、9/4は移動日となり、9/5〜6は帯広会場でした。

札幌会場は、新人の方や女性が多く、各事業所から1、2名までのご参加で、最初はみなさん緊張した様子でしたが、アイスブレイクあたりから、お隣どうしの会話もはずみ、コミュニケーションを取り出されました。

緊張気味の笑顔も、ワンコイン動画の挨拶のマナーに登場する、スマイルエクササイズで、しっかり笑顔の形状記憶ができたようで、みなさん研修が進むに連れ、笑いありの大盛り上がりでした(*^^*)

その他、初日は、服装と身だしなみや、名刺の扱いなども研修いたしました。

1.jpg

二日目の研修は、午前中は敬語のマナーと人気の電話研修です。

札幌も帯広も、皆さん敬語は苦手そうなご様子でしたが、ワンコイン動画での丁寧な解説や例題で「なるほど〜」と納得なさっていました。

電話での会話が録音できる「てるコーチ」を使ってのロールプレイングでは、緊張のせいか、みなさん、自社の名前もたどたどしくなられるなど、ドキドキが伝わってきました。

日頃は、もっと上手に電話応対がおできかと思いますが、大勢の前で録音された自分の声を聞き直すとなれば、緊張しますよね。

2.jpg

時間の都合上、札幌会場では半分の方にしか「てるコーチ」を使って電話応対のロールプレイングをしていただけませんでしたが、帯広会場は少人数だったので、全員てるコーチにチャレンジいただけました。

3.jpg

午後からは、茶菓のマナーでした。

各グループで、実際にお茶出しを体験していただき、いろいろなケースを想定し、みなさん試行錯誤なさいました。

会長のお手本を見ると「なるほど〜」と会場から納得の声があがるなど、目から鱗が落ちるほど新鮮な研修だったようです。

お茶出しなど、基本の所作ですが、聞きたくても何をどのように聞いたらいいのか、そんな迷いもおありだったようです。

今後はペットボトルに頼らず、急須で美味しいお茶を淹れて、オモテナシをしていただきたいですね。

二日目の研修最後は、どちらの会場でも人気のあるグループ討議では、各事業所から参加のみなさんのそれぞれの問題点や、今後の取り組みなどを意見交換しながら有意義な時間を過ごしていただきました。

初日は緊張なさっていたみなさんも、実技やグループ討議では積極的に取り組んでいただき、グループ発表では、「今後は『愛あるマナー』の実践に向けたマニュアル作りや 、職場での研修も繰り返し実行したい!」など、具体的な目標設定を発表くださったグループも多くありました。

そして、今回、接遇研修を受けていない他のスタッフの為に、ぜひ、ワンコイン動画を購入し、接遇研修に盛り込みたいなど、みなさん接遇の重要性にお気づきになったようでした。

今回の接遇研修で得た知識が実践されて利用者の方からはもちろん、関わる全ての方々から『ありがとう』と言っていただけるような感動のサービスに結びつくことを願っています。
(大古田幸子 記)
posted by machan at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76401761
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック