2013年08月13日

第2回「心のおしゃれ講座」

日時  平成25年7月27日 午後1時30分〜3時
会場  関西作法会西宮第一教室
講師  関西作法会講師 後藤 雅子
内容  自宅訪問のマナー

年に5回、1月を除く奇数月に行われる「心のおしゃれ講座」。

第2回目は「自宅訪問のマナー」をいたしました。 

650.JPG

親しいご友人やご近所の行き来から、お中元・お歳暮などの儀礼的な訪問までお相手のご自宅に伺う際の状況は様々です。

その際、少しの気配りで印象は大きく変わって参ります。 

今回は訪問する側を中心に、訪問前の準備から、手土産、履物の扱い方、辞去のマナーなど、訪問時の一通りの流れを各シーンに合わせてご紹介させていただきました。

3043.JPG

玄関に入り、靴を脱いで上がる際の履物の扱い方は、実際に受講者の皆様に体験していただきました。

その際、履物は玄関のどの場所に置くと良いかなど、クイズ形式でご紹介いたしました。
 
また、手土産のお渡しの仕方にも、少しの気配りで丁寧な印象を持っていただけます。

こちらも実際に皆様に体験していただきました。

763.JPG

講座を終え、今回受講頂いた皆様から
「実際の順序に則って進めてくれたので解りやすかった」
「楽しく実技をすることが出来た」
など嬉しいお言葉をいただけました。

最後に、今回受講くださった方からこの様なご質問を受けました。

このブログをお読み頂いている皆様も経験なさっているであろう切実なご質問です。

Q、「長居のお客様にはどの様に対応すれば良いだろうか?」
A、「諦める」

私がこうお答えすると、ご質問頂いた方はもちろん、他の受講者の皆様も一同にドッとお笑いになりました。

こちらには、少し補足がございます。

お客様が長居をなさるのは、お客様が心から楽しんでいらっしゃるということであり、訪問先の居心地が大変良いということです。
「楽しんでくださっているのだな」と思い、お客様と良い時間をお過ごしください。

ただし、次に予定や用事がある場合は、そのことをお伝えしてもマナー違反にはなりません。遠慮なくはっきりおっしゃってください。

今回の講座で学んで頂いたことを、今後ご訪問なさる際にお役立て頂ければ幸いです。

さりげない気配りで素敵な印象を残して「訪問美人」になっていただきたいと思います。 
posted by machan at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72386488
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック