2012年12月04日

接遇講習会

2012年11月25日
社会福祉法人 丸亀市社会福祉協議会
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美
アシスタント講師:トータルマナー株式会社 講師 大古田幸子

今年の夏に開催された、香川県社会福祉協議会様の接遇研修に参加されていた、丸亀市の社会福祉協議会様からのご依頼での接遇研修でした。

『田野先生の研修内容がとても素晴らしかったので、ぜひ丸亀市で開催したくて…』と、会場へ到着やいなや、ご担当の方が笑顔でお出迎えしてくださいました。


研修は、三連休の最後の日曜日にもかかわらず、44名の受講者。

朝九時スタートの研修でしたが、皆さん早くから集まっていたので、予定より早めの開始。

この時点で、接遇研修への期待や参加意欲が伺えます。

事務長の開催あいさつでは、現場でいかに接遇が大切か、福祉サービスということを考え、この研修で役立てたい、と強く求める内容が話されました。

サービス業としての心構えや、マナーとは心を形に表してこそ伝わる…その形にするとは…、と会長の話にも熱が加わり、午前の講義、前半、みなさん真剣に聞き入り、熱心にノートをとっていました。


お辞儀のビデオ撮りがありました。もともと皆さん綺麗なお辞儀ができていましたが、講義での実技チェックで更に自信がついたのか、ビデオ再生では自分の姿を確認し、にこやかに個々で評価していました。
あっという間に午前の講義が終わり、お昼休憩。

DSC03037 (1).jpg

会場から退出して食事をとる受講者もいますが、その時に『あっ、部屋から退出する時、お辞儀を忘れたぁ〜』と笑い声が。
その事に気付くこと、そのことが、進歩ですね、と会長。

習慣にして、身に付けてこそ意味がありますから、受講者の皆さんの前向きさが素晴らしいです。

午後からの研修は、まずは電話応対。テルコーチ機材を用いた人気の研修。

ここでは、皆さん立候補で積極的に参加してくださいました。
前に出て、実際に受話器を取り対応するのは、普段から電話応対に慣れている方でも人前では緊張するもの。実技した方はきっと、よい経験で身に付いたものと思います。

DSC03041 (1).jpg

後半の講義は、その他にも訪問の応対や、受付、案内、といった実技が盛りだくさんで、ペアを組んでロールプレー。
笑いありの楽しい講義で、あっという間に六時間半…。

普段は二日間かけて研修する内容が凝縮されており、すこし駆け足の研修となりましたが、受講者の皆様が積極的で、研修はスムーズにすすみました。

会長の講義は、毎回あたらしいネタが組み込まれており、アシスタントでご一緒する度に私自身も勉強になります。

つい、受講者と同じくウンウンとうなずき、笑ったり、一瞬、我に変える場面がたびたびありました。

世間では三連休という期間での出張ということもあり、新幹線や四国への電車が、かなり混雑しておりましたが、丸亀市の山々は紅葉が美しく、讃岐富士を車中から眺めながら帰路につきました。
(大古田幸子記)

DSC_3543.JPG
posted by machan at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60506258
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック