2011年08月21日

京都保健衛生専門学校マナー講習

2011年5月21日・28日(土)・6月11日(土)・7月27日(水)・30日(土)
京都保健衛生専門学校 第1臨床検査学科・第2臨床検査学科
「就職のための必須マナー」
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美(5/28)
               講師 藤原優子 アシスタント講師 石垣陽子

就職活動、就職面接試験に向けてのマナー、心構え、身だしなみから始まって細かく部分動作をお伝えして確認していただきました。

京都保健衛生専門学校様では、すでに1年生でマナーの講座を持っていただいています。ですが、きっとお忘れになっていることと思っておりました。
確かに最初は、やはりという思いがありましたが、授業を進めていくうち、しっかりと基本動作に取り組み、面接シュミレーションでも、真剣に質問と向き合い、自己理解にも向き合ってくださり、前向きにどんどん吸収してくださる手ごたえを感じました。

1年生の時も、そうでしたが、最初は「え〜、マナーなの?」という構えがありましたが、進むうちに真剣に取り組んでおられる様子が覗えました。
その後の学習の成果と成長をお覗いすることができたことを本当に嬉しく思いました。

また、個人的な質問もどんどんいただき、どこで悩み、どこを乗り越えないかいけないかをご一緒に考えながら、近い未来に、素晴らしい医療者となられることを想像して心強く思ったものでした。

(アシスタント記:石垣)
5、6月に見学を2回、7月のアシで1回致しました。

部分動作に関しては、当初は出来てない方が沢山いらっしゃいました。
緊張なさっている為か、おぼつかない部分もありましたが、ゆっくり行うと足さばきや、お辞儀などは綺麗にできておられるので、あとは練習なさって慣れていかれましたら、十分大丈夫だと思いました。

集団面接では、自分自身の考えや、思いはありながらも、それを伝える言葉がなかなか出てこず、苦戦なさっている方が多く観うけました。
ただ、講師が一人一人の、考えをまとめてさしあげると、頭の中で整理ができ、とても良くなってくるのが分かりました。
そうなると、またその中で質問がでたり、終業後には個人質問に来る方も何名かいらっしゃて、皆さん、前向きに授業を受けてくださいました。

京都保健衛生専門学校の生徒さんは、皆さん、とても素直で前向きな方が多く、授業が終わる頃にはとても良い表情をなさっていましたので、とても気持ちよくお手伝いをさせていただきました。心から「頑張っていただきたい」と思いました。



2011年5月28日(土)
臨床検査学科「新入生のためのマナー」
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美

京都保健衛生専門学校様では、1年生でマナーの講座を持っていただいています。3年後に、医療人として羽ばたいていただくために相応しいマナーを、1年生の最初から、日々の中で実践していっていただくためのものです。

学校様の姿勢と、担当者様のお心配りにはいつも感服いたしております。



2011年7月23日(土)
看護学科1年生「病院実習事前講座」
講師:トータルマナー株式会社 講師 藤原優子

1年生に、初めての病院実習に向けて、心構えから始まり、笑顔・挨拶・言葉遣いを中心にお伝えしました。
看護学科では、初めての講習でしたが、学科が違っても、しっかりと医療に志している学生さんは同じくまじめで優しい方たちだと実感いたしました。

担当者の先生も、本当に親身に心を砕いておられました。

実習を経て、一周り大きく成長した姿にお目にかかれることを楽しみにしております。
posted by machan at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生マナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47470841
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック