2006年06月29日

就職指導

新規でお取引いただいた大学の就職指導3回講座が終わりました。
1回目は、ガイダンス(どのような人材が望まれるか・自己分析・企業研究)と履歴書の書き方。
2回目は、あいさつ・言葉遣い・質問の答え方・自己紹介など。
3回目は、模擬面接でしたが、やはり最近の学生は自己表現が苦手で消極的傾向にあります。
これは以前にも申し上げたかも知れませんが、彼ら達の責任ではなく、テレビやテレビゲーム・自動販売機など自己表現しなくても生活ができる。また、裕福で何もかも与えられる世の中が消極的な人間に育てたのです。
でも、そのままでは社会に出て困ります。まず第一関門が就職活動です。
今回も、背伸びしたりいい格好をするのではなく、本当の自分を表現しなさい。
面接・履歴書・エントリーシートは「私はこんな人間です。仕事を一生懸命しますよ」と言葉に、文字に表現し自己PRしなければ理解してもらえないでしょとガンガン言いました。
そして、実技訓練など当てられてやるのではなく、積極的に自分から手をあげて自分から出てきなさいとも言い続けました。
お陰さまで、3回目の模擬面接ではやっと積極的に出てくれました。但し、女子学生がほとんどでした。男子学生も頑張ってね。
最後に鈴木一郎選手の小学校6年の時の作文を披露し、目標をもって頑張れっ!とエールをおくり締めくくりました。
学生は拍手で讃えてくれました。バンザーイ!!またお役立ちができました。
EXTENDED BODY:
posted by machan at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40549206
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック