2006年07月20日

ゴルフのお誘い

ある雑誌社から質問がありました。「再三、取引先からゴルフの誘いを受けるのですが、もともとゴルフ自体に興味はありませんし、そのために道具をそろえるのも大変です。相手の顔をたてつつ、うまく断る口実はないものでしょうか」
皆さんならどのような答えを出しますか。
まず、ご質問なさっている方が「相手の顔をたてつつ、うまく断る口実」と相手を気遣い、マナーの心がある方ですね。
答えは、
@誠意をもって対応
自分は興味がないからといってむげに断るのではなく、相手がゴルフ好きであることを意識した丁寧な言い方をすること。
A恐縮の意を表す表現
「ご期待に添えず申し訳ありません」「せっかくのお誘いなのに残念です」
Bはっきりと理由を言う
ゴルフは苦手で、道具もないことをはっきり言う。
C代案を出す
誘った相手が嫌いなわけではないことをはっきり示すためにも、例えば、山歩きは好きなのぜひ誘ってくださいなど。
いかがでしょうか。前述にもありますように質問者は、マナーの心がある方ですのできっとうまくいきますよ。
意外とあっさりと気持ちよく分かってくださるかも。 
EXTENDED BODY:
posted by machan at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40549150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック