2014年04月14日

特別養護老人ホーム内定者研修

平成26年3月27日(木)
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美
アシスタント講師:トータルマナー株式会社 講師 広沢美花 


今年度の新入職員の方々は、男性・女性と半々くらいでした。

研修中は静かにしっかり講義を受けられていましたが、

休憩時間になると、皆さん自然と輪になっては話しをされ、

仲の良さと学校を卒業されたばかりの初々しさを感じました。

ハピータウン@.png

新入職員研修ではなかなか質問は出ない中、

今回受講の皆様は積極的にご質問され、

一つでも多く吸収しようとする姿勢が見られたのが印象に残りました。

ハピータウンA.png

福祉職員としての今後のご活躍を、心より応援いたしております。

(広沢美花 記)


(受講者さんのコメントを一部抜粋しました)

◆ 笑顔と相手を敬う気持ちを持って、

声掛けが出来るようにスマイル・エクササイズ、

そして立場に応じた言葉遣いの練習をしたいと思います。
 
◆ マナーは形に表さなければ0点ではなく、

マイナスの印象を与えるということを学ばせていただきました。

◆ お名前を呼ぶことで確実に相手の存在を認め、

そしてプラスαの挨拶言葉を添えるということを今日から

実践したいと思います。
posted by machan at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事

接遇マナー講習会

平成26年3月26 日(水)
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美
アシスタント講師:トータルマナー株式会社講師 芝池公子 

シルバー人材センター様の研修ということで、シルバー世代の

男性が39名ずらりとお掛けになっていらっしゃるのは圧巻でした。

DSCN1886.JPG

地元のお顔見知りや、同級生の方が久々に再会されたというグループもあり、

明るい雰囲気の中、スマイル・エクササイズも大きな声を出して

取り組んでくださいました。

無題.png

クレーム時の対応については、クレームを大きくしないために大切な事は、

まず最も初期の対応が重要であること。

また、お客様がお怒りであることが分かれば、さっと帽子を取り、

「何かございましたか?」と親身になって聞く態度を取ること。

そして、仕事に熱心なあまり相手を急き立てるような注意を促すと、

かえって怒らせてしまいクレームが大きくなってしまうとの講義に、

皆様集中してお聞きになっていらっしゃいました。

DSCN1890.JPG

研修で学ばれた事を明日からの業務に是非生かそうと、

大変熱心に受講してくださっていた皆様のご様子がとても印象的でした。

(芝池公子 記)


(受講者様のコメントを一部抜粋させていただきました。)

◆ いままでのお客様に対するサービスの言葉・行動はそれなりに良いと勝手に思っていましたが、

今日の研修で自分の誠意が伝わっていないことが理解できました。

◆ まず言葉遣いを丁寧に、心を込めて対応していきます。

早速今日からクッション言葉、婉曲表現を活用してトラブル防止に努めます。

◆ 挨拶に関して、相手の気持ちになっておらず自己流で済ましていることに改めて反省しました。

今後は、笑顔で気持ちの良い挨拶を実践していきたいと思います。
posted by machan at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマナー